【ガジェットレビュー】なくしもの防止グッズ『Tile Mate』使い方・アプリ連携方法紹介

買ってよかったもの

お世話になっております。運営者のじじい(@Nananeko_jijiiです。

このブログは、7匹のキャッツとの生活を通して見える妻とジジイのライフスタイルブログです。
今回のおしゃべり相手は『ぷっぷ!!

 

じじい
あれ?携帯電話どこだっけ?
ぷっぷ
ほら!ここにあるじゃん!しっかりしろ!じじい。
じじい
ありがと〜あれ?財布どこだっけ?
ぷっぷ
こいつ・・・最近の物忘れの兆候がヒドイ・・・もしや・・・

じじいは、なくし物・忘れ物のプロ!酔った勢いで、財布・携帯電話・カギ・カバンを一気に無くしたことがあるくらいヤバいです。

じじい、ホント忘れ物・落とし物が多すぎ!どういう神経してんねん。
じじい
いつもご迷惑おかけしてます・・・

探す度にイライラしたり、モノを無くせば、警察にで紛失届を出し、ショックを受けたりしています。

そして、苛立ちが妻へ伝染し、家庭内を気まずい雰囲気にさせることも日常茶飯事。

『なくし物対策』したいと購入した商品が『スマートトラッカー』(別称:スマートタグ)

コレがめっちゃ良かった!個人的に神商品だと思う!

今回は、『なくしものをなくす』グッズ、『Tile Mate』を紹介します。

【紛失防止タグ】TileMate(電池交換版)

外装

Tile本体と説明書が入ってます。

今回、わたしと妻の財布・カギに付けたかったので、お得になる4個入りを購入しました。

前モデルは、電池交換ができず、使い捨てだったのですが、新モデルは電池交換可能となり、定期的に交換すれば、半永久的に使うことができます。購入時はご注意ください。

縦横 約2~3センチ四方!(目測)

厚みは約5ミリくらい(目測)

1つ取り出してみると、軽量(約6グラム)かつ、かなりミニマムサイズ!

キーホルダーにつけても全然かさばりません!


Tile Mate(電池交換版)を見る

Tile Mate(電池交換版)4個入りを見る

『Tile Mate』の使い方・設定方法

設定は、説明不要なくらい超簡単!

設定方法

①『Tile』アプリをダウンロード

②『Tile』アプリから新規登録する。

③『Tile』本体と『スマホ(アプリ)』を連携させる

この手軽さも魅力ですね!

『Tile』アプリをダウンロード

『Tile』アプリを『AppStore』または『GooglePlayストア』でダウンロードします。

Tile - Find lost keys & phone
Tile – Find lost keys & phone
開発元:Tile, Inc.
無料
posted withアプリーチ

『Tile』アプリから新規登録する

①『利用開始』をタップ

②『Tile』を選択

③新規登録を『facebook』または『メールアドレス』を選択します。

今回は『メールアドレス』を選択しました。

『メールアドレス』『パスワード』を設定し、タップ

⑤登録した『メールアドレス』に6ケタの番号が送られてくるので、その番号を入力。

これで登録完了!

次の画面から『Tile』本体を使用し、『スマホ』と連携させます。

『Tile』本体と『スマホ(アプリ)』を連携させる

連携させるその前に!!

スマホの『Bluetooth』の設定を必ず『ON』にしましょう!

『Tile本体』のボタンを1回押します

②『Tile本体』の横に『スマホ』を置きます。

するとBluetoothが繋がり、自動でペアリングされます。

『Tile本体』につけるモノを選択

④使い方を教えてくれます。指示通りに進めて下さい。

位置情報の許可については任意ですが、『許可する』の方が見つかりやすくなります。

⑤完了!お疲れ様でした

実際使ってみた

使い方は2通り

  • スマホ(アプリ)→カギ・財布を探す
  • カギ・財布の『Tile本体』→スマホを探す (これがホント便利!)

スマホ(アプリ)からカギ・財布を探す

『Tile』アプリから『探す』をタップするだけ

すると、カギや財布につけた『本体』のアラームが鳴り始めます。

『Tile本体』からスマホを探す

スマホが見つからない時、カギや財布につけた『Tile本体』のボタンを2回押します。

すると、スマホから音が鳴り出します。私はこの機能をよく使っています。

マナーモードやミュートでも音が鳴るので、便利!

買って良かった5つのこと

探す時間の短縮・すぐ見つかる

 

人は一生のうち、落とし物を探すために費やす時間は、平均『146日間』だそうです。

よくモノをなくす自分は『1年以上』時間を無駄に消費しているでしょう。

『Tile Mate』を持つことで、モノ探しの時間短縮となり、時間を有意義に使えます。

落とした場所が大体わかる

 

『Tile本体』にはGPSが内蔵していません。

しかし、Bluetoorhでスマホと常に繋がっているおり、仮にスマホ『Tile本体』の無線が届かなくなった時、Bluetoothが最後に途切れた場所(約45m以上先)と時間を記録しているのです!

途切れた場所を探せば見つかる可能性は高いでしょう!Bluetoothの範囲内(約45m)で再接続されれば音を鳴らして見つけることができます。

Tileユーザーみんなで探せる

 

世界中にいるTileユーザーが落とし物の近くを通るだけで、位置情報を教えてくれる『Tileコミュニティー』を構築しているので、ユーザーが増えれば増えるほど見つかりやすくなりますよ!

私は、妻と職場の同僚にプレゼントして、『Tileコミュニティー』を広げました!

個人情報が他のTileユーザーへ流れることはありません。

スマートスピーカーなどの『音声』で探せる

代表的なスマートスピーカーとの連携が可能!Tileアプリを立ち上げる必要もありません。

『Alexa』(アレクサ)に対応!


『Google アシスタント』にも対応!


GoogleHomeMiniもかなりコスパ良な神商品!(2018年買って良かったモノ受賞)

【2018年】Amazon・楽天などで買って良かったモノ(家電・ガジェット編)

2019.01.02

GoogleHomeMiniを壁掛けして、省スペース!

【ガジェットレビュー】『KIWI design』Google Home Mini 壁掛け専用ホルダー

2019.01.16

『Siri』にも対応してます。


但し、各自設定することが必要です。ググりましょう! 

不満点

価格が高め

プラスチック製の小さいモノが1個約3,000円程度というのは、確かに高いと感じます。

しかし、考え方によっては、『なくし物が早く見つけて、得た時間』や『モノを探す時の不安やイライラを低減させる効果』を買ったと考えれば、とても安いと思いますよ!

まとめ買いすると、1つあたりのコストは下がります!

まとめ(寸劇あり)

今回は、紛失対策タグの『Tile Mate』(タイル メイト)をご紹介しました。

皆さんも大事なモノや、絶対無くしてはいけないモノなど貴重品が必ずあると思います。

無くすと探している間、苛立ちや不安に襲われ、時間を浪費することでしょう。

タグをつけることで、日常生活でなくし物が減り、より有効的に時間を使うことができます。

また、盗難防止や、子どもの見守りのためにも使用することでき、汎用性の高い商品です!

2、3,000円で購入でき、あらゆる方に役立つ便利グッズなので、プレゼントとしても最適

ぜひ忘れ物・なくし物の無い、充実した生活を送ってみてはいかがでしょうか♪


『Tile』にはあらゆる種類があります。比較表を参照してますので購入の際は見て下さい。

電池交換ができるモノ薄くかさばらないモノがオススメですよ!

Tile Mate(電池交換版)を見る

Tile Mate(電池交換版)4個入りを見る

【最新版】Tile Pro Black (電池交換版) 音量・通信距離共にMateより凄い!

【最新版】Tile Pro Black (電池交換版)お得2個セット

Tile Slim(最薄!うすさ2.5mm!)※電池交換不可


じじい
これさえあれば、無くしモノ・落し物は減るぜ〜!
ぷっぷ
素晴らしい商品だけど、モノに頼らず普段からしっかりしろ〜
じじい
よし!そのコトをブログに書くぞ〜!あれ?パソコンどこだっけ?
ぷっぷ
じじい・・・もうブログやめちまえ!

じじい
最後まで見て頂きありがとうございますtwitterinstagramからも発信してくよ~